スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)

 打撲した場合などに痛む場所を「さする」という動作には、傷ついた神経回路を修復する効果があるとの研究結果を、群馬大大学院の柴崎貢志講師(分子細胞生理学)らがまとめた。柴崎講師は「さする行為には、神経再生を促そうという無意識な意味が込められているのではないか」と話している。

 柴崎講師らは、神経細胞にあって熱を感じるセンサーの役割を果たすタンパク質「TRPV2」に注目。マウスなどの細胞を使った実験でTRPV2があると、TRPV2をなくした細胞に比べ、刺激を伝える神経の「突起」という部分が長く伸びた。

 「さする」行為と同様の刺激を与えるため、TRPV2がある人間の神経細胞を載せた膜を引っ張ると、細胞が反応することを確認。TRPV2が物理的な刺激を受け止めるセンサーの役割を果たし、人間でも突起が伸びて神経が再生するのを促していると考えられるという。

 将来、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞などを使った再生医療技術と組み合わせると、効果的な神経再生に役立つ可能性があるのではないかとしている。

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)との共同研究

死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
元交際女性の水着写真送る、容疑の会社役員を逮捕(産経新聞)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)

<中国毒ギョーザ>中国政府の対応評価 平野官房長官(毎日新聞)

 平野博文官房長官は29日午前の記者会見で、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件に関し「(逮捕まで)2年もかかったのかということもあるが、中国政府としては2年間辛抱強くやっていただいたということだろう」と述べ、中国政府の対応を評価しつつ、時間がかかったことに不快感もにじませた。

 その上で「もっと迅速に対応できうる2国間の相互の協力体制は必要だろう」と語り、日中両国の捜査協力体制の改善が必要との認識を示した。【横田愛】

【関連ニュース】
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
平野官房長官:機密費使途公開「国益にプラスなのか」
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
平野官房長官:内閣支持率続落を分析

東住吉でコンビニ強盗未遂(産経新聞)
国際ジャーナリストの大森実氏が死去(時事通信)
雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
副操縦士からアルコール、福岡発全日空便に遅れ(読売新聞)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)

<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)

 佐賀県伊万里市に黒澤明記念館の建設を計画している黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長)が4億円近くに上る寄付金の大半を使い果たした問題で、財団設立にあたり、市が金銭面も含めて財団を支援する内容の確約書を作っていたことが21日、分かった。確約書は財団の設立要件を満たす「担保」として県に提出されたが、設立初年度に1億円の負債を抱えるなど財政基盤が弱いままで、指導を含めた行政の責任も問われそうだ。

 県は財団法人設立の申請が出された場合、財政基盤を審査し、許可するかどうかを決める。黒澤明文化振興財団の設立を申請した99年当時の県の審査基準では、資本金にあたる基本財産は「おおむね2億円以上であること」とされた。しかし同財団は基準を満たしていなかったため、伊万里市の川本明市長(当時)は同年2月、知事に確約書を提出した。

 確約書では、基本財産が基準を満たしていない代わりに「市が積極的に支援をしていく」とし、暫定施設についても「寄付申込額は(改修費用の)必要額に達していないが、市が責任を持って対処する」と表明。当時の市長の公印があり、事実上、市が全面的にバックアップする内容だった。【関谷俊介】

交通死1000人超す=昨年と同じ日に-警察庁(時事通信)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で-厚労省(時事通信)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)
<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
22年度予算が参院本会議で可決成立(産経新聞)

【お財布術】「食材まとめ買い」編 保存方法をマスターしてこそ!(産経新聞)

 普段より安い食材を多めに買う「まとめ買い」は節約の“王道”だ。しかし、食材の保存や使い回しが上手にできず、似た料理を続けて食べたり腐らせて廃棄した経験がある人も少なくないだろう。まとめ買いを家計に生かすコツは-。(小川真由美)

                   ◇

 ◆冷蔵庫が空になったら

 消費者のまとめ買い志向はスーパーにも表れている。西友は昨年9月、鶏肉(モモ、ムネ、手羽元)1キロの真空パックを販売。トレーを使わず、切り分ける作業の手間を省いたことで、価格は通常より3~4割減と安い。広報担当者は「使い切ればお得なので人気は上々」。豚肉など種類を順次拡大する予定だ。

 生活総合情報サイト「オールアバウト」家計管理ガイドで、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんによると、不況が本格化した一昨年秋以降、家計に関する相談が増加。その中で、特売品を多く買っているにもかかわらず、食費が減らないケースが目立つという。「不況の今、主婦が堂々と買い物ができるのは食品と日用品だけ。だが、まとめ買いは、実は上級者向きの対策。無意識なストレス発散もあり、安いのを理由に余計な支出をしている人は多い」(山口さん)

 まとめ買いの前に把握したいのは、(1)冷凍・冷蔵・解凍など食材の保存と調理方法(2)家族が食べきれる量(3)買い物や調理時に消費する電気代やガソリン代-の3点。この3点を計算に入れたうえでまとめ買いすれば、大半の人は食費を1~2割カットできるそうだ。また、買い物は週2回までに抑え、冷蔵庫が空になってから買い足すのが鉄則。飲料やお菓子、調味料などの新製品、「あるからつい食べる(飲む)」食品は安くても余分に消費することが多く、まとめ買いに不向きだという。

 ◆賢いクッキングペーパー

 一方、食材の長期保存に欠かせない冷凍で、ライオン・リビングケア事業部の渋谷恵さんのおすすめはクッキングペーパーの活用。

 薄切り肉や魚の切り身は1枚ずつ、ステーキ肉などは小分けにし、ペーパータオルでくるんでから専用袋で冷凍する。解凍時に出るドリップ(肉や魚から出る肉汁)を防ぎ、見た目の色も悪くなりにくい。

 葉物は水をたっぷりと含んだクッキングペーパーに葉の部分をくるみ、立てて保存すると鮮度が長持ちする。ただ、大半の食材は1カ月もたつと冷凍中に乾燥して脱水すると同時に、脂質が酸化しておいしくなくなる。早く消費するのが一番だ。

 電子レンジの使い方もひと工夫したい。解凍機能は、対象物の水分が多い部分や、角や端にマイクロ波が当たりやすいため、形状によっては一部だけ生煮えになってしまう。冷凍したご飯やひき肉などは平たく丸い形で冷凍するとよい。渋谷さんは「上手に食材をやりくりし、節約を楽しんでほしい」とアドバイスしている。

みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
<10年度予算>24日に成立へ 参院本会議(毎日新聞)
強風で線路に布団や洗濯物が次々落下、計約1万9200人に影響 JR阪和線と関西線(産経新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)

<高木美帆選手>「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式(毎日新聞)

 スピードスケートの史上最年少の代表として五輪に出場した高木美帆選手(15)=北海道幕別町立札内中3年=への町民栄誉賞の表彰式が21日、町百年記念ホールで開かれた。

 岡田和夫町長から記念の盾と現金10万円の目録を受け取った高木選手は、「この賞に恥じることがないように、日々の努力を忘れないでコツコツと頑張っていきたい」とあいさつした。【田中裕之】

【関連ニュース】
五輪スピード:高木美帆、声援で先輩後押し…女子追い抜き
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀
五輪スピード:15歳の高木、少し満足げ 千五百23位
五輪スピード:小平5位入賞、高木は23位 女子千五百
五輪スピ-ド:高木、スピードに乗れず「空回りしていた」

長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」(医療介護CBニュース)
千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」-東京地裁(時事通信)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)
<八百長疑惑裁判>賠償を3割以下に減額 東京高裁判決(毎日新聞)
ヘラクレスオオカブトなど盗む=108匹、自称会社員逮捕-埼玉県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。