スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)

 平野官房長官は16日、宮崎県庁を訪れ、口蹄疫対策を巡り、東国原英夫知事と会談した。

 農家の経済的損失の全額補償など国の支援を要望した知事に対し、平野長官は「危機管理という考え方で対応しなくてはいけない。農家の生活安定についてもしっかりと受け止めて対応したい」と述べた。

 知事は会談で、殺処分対象の家畜が8万頭を超えたことや、種牛を一括で管理している県家畜改良事業団にも感染が拡大したことなどを説明。「生産者の無念さ残念さは尋常ではない。現場は非常に疲弊しており、防疫対策の作業員の増員が必要だ」と話した。

 この日はまた、社民党党首の福島消費者相も宮崎県庁で知事と会談。知事は風評被害防止などを求める要望書を手渡した。福島氏は「激甚災害以上の救済がされるよう内閣の下で頑張ってやっていきたい」と答えた。終了後、記者団の取材に、福島氏は「『内閣として(畜産農家の)生活支援はしっかりやっていく』と知事には申し上げた」と話した。

室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)
<ダイヤ鑑定>独断で評価甘く修正 専門委に裁定依頼せず(毎日新聞)
超々ジュラルミン並み強度 マグネシウム合金開発、熊本大チーム(産経新聞)
<訃報>森内信康さん75歳=将棋棋士・森内俊之九段の父(毎日新聞)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
スポンサーサイト

マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら-東京(時事通信)

 東京都の築地市場(中央区)にあるマグロ卸売場での競りの見学が10日から再開された。1日当たり140人の入場制限付きで、見学に訪れたのはほとんどが外国人。午前4時半の受け付け開始から45分で制限人数に達し、15人が見学できなかったが混乱はなかった。
 観光で初めて築地市場を訪れたという米国人女性(26)は「大きな魚を見られて楽しかった。こんなところはほかにない」と満足そうな様子。入場制限で見学できなかったオーストラリア人男性(63)は「残念だがまた来たい」と話していた。 

自民党員、100万人割れへ…野党転落が影響(読売新聞)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」--小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
<谷亮子>参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
<同居人殺害>容疑の37歳男逮捕 愛知県警(毎日新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。